FC2ブログ

オーラ?

23/1031-2
23/1031


今日の姫猫ブルー 

毛のつやが いつもより きれいだ。

こころなしか オーラがでていて

輝いているようにみえる。 


きっと おとうさんである 長男が(姫猫を拾ったのが長男)

昨日 愛しそうにやさしく 何度も なぜていたからかもしれない。






 
スポンサーサイト



きんちょう?

23/1029
23/1029-2
 

昨日、次男の友達が二人 泊りに来てくれた


食事の時間になり 手を洗うために

次男が 

二階から一階に降りてきた。

「ここが洗面所だよー。」と言う声が

リビングにいる私にも 聞こえた直後、

「わぉっ‼」という次男の叫び声

わたしは「?」

そのすぐ後に

「はーい。バック、バックー。」と言っている。
 
何事が起きたのかわからず

私はあわてて洗面所まで見に行った。


あ、あれ?まだみんな 手は洗っていないし

お友達は 階段に後ろ向きで登っていく

何事かしら?と思っていたら

次男が私につぶやいた。

「ブルーが洗面所でトイレをしている。」と言うではないか

びっくりして 洗面所に行ってみた。

そしたら姫猫 洗面台の下で 運をつけてくれていた。


姫猫は 次男の友達がきてくれて うれしさと

緊張のため 運をつけたのかもしれない





ふたりの間に

23/1028
今朝のこと、

パパの横で 私が寝ていると

何やら顔を ちょんちょんする ちいさな手が・・・


そう、姫猫ブルーが わたしとパパの間に

入りたいらしく

爪をたてずに 私の顔を 

ちょんちょん、ちょんちょん、と

かーるく たたいて 「入れてちょうだいな」と訴えていた。


その様子が(爪をたてないところが) 

妙に かわいらしく感じた母である。。。




お気に入り

23/1027

今日の姫猫ブルーは あまりの寒さからか

フローリングではなく 

お気に入りのつめとぎの上で

寝ている。

ひざ

23/1026

パパのおひざの上で くつろぐ姫猫ブルー。

この幸せそうな表情。

私は少々 複雑

やはり、今度は私が

パパのおひざの上を 独占しようか 考えている。。。



あつ~い

23/1025


姫猫ブルー 今日は暑いらしく

フローリングの上で ごろごろしていた。







寒暖の差が 激しいので

みなさま お身体には 十分に注意してくださいませ

足に・・・。

23/1024

今日の姫猫 妙にいらいらしている。

私の足に 自分の手を巻きつけ 噛んでくる。

いったい どんな ストレスが 

たまっているのだろう。。。



休日

23/1022

姫猫にとっても ゆったりした休日

のんびり 過ごしましょ。




エクレア

23/1021


23/1021-2

パパが 大好きなエクレアを

食べていたら 

姫猫ブルーが 「わたしにもちょうだい」と

おねだりをしにきた。

パパは ブルーに 

大事なエクレアの中の クリームを

ほんのすこーしだけ

分け与えていた。。。

つぶらな瞳

23/1021

姫猫ブルーは 今日も 引き戸の前で

私の方をのぞきこみ アイコンタクトで 

開けてちょうだいと 訴えていた。

ブルーのつぶらな瞳で 見つめられると

自分で開けられるのに~ と思いつつも

親バカな私は 開けてしまう。

さむい。。。

23/1019
  

今日はとても寒い 

やはり 姫猫ブルーも寒いらしく

暖かいところで ふわふわと 寝ている



余談です 
 
実は、去年の10月から 
ダイエットを始めた。
長男を産んだ後から 少しづつ太りはじめ
次男を産んだ頃には 
独身時のベスト体重に比べ
14,5キロほど太っていた。
これではいけないと思ったのが
ちょうど1年前の10月。
そこから がんばった。
(本来、性格的には 頑張るのが好きではないのだが)
結果
約3か月で5キロ減。
その後、2,3か月かけて2キロほど痩せた。
合計で計7キロほど 減らすことができた。
今月で1年経ったが 今のところリバウンドはしていない。

私のダイエット方法 

朝食にはヨーグルトだけを
温めて食べた。
昼食 夕食は普段通り。
そして これが肝心である。
食事療法以外に
毎日なわとびをした。
三十数年ぶりにとんだなわとびは
最初50回も出来なかった。
それをすこしづづ増やし、
一か月経つ頃には
400回飛ぶことが出来るようになっていた。
なので、それからは毎日
400回飛ぶのを 目標にした。
・・・以上である・・・

(ただし、今はなわとびを休んで 他のことをしている)

だいこん

23/1018
右足で耳の近くを掻いている姫猫ブルー


この前パパに 買い物を頼んだ。

大根である。

我が家では 大根を 一本ではなく

半分だけ 買うようにしている。

理由は 私が一本を使い切れないで 傷めてしまうからだ。

そこでパパに 
「大根のあたまの方を買ってきてちょうだい」と頼んだ。


それが 間違いの元だった。


気持ちよく買い物に行ったパパは 大根を買ってきてくれた。

パパが思っている あたまの部分を。。。


それは 私にすれば 大根のしっぽのほうである。


パパの前で がっかりした表情をしてしまった。


ちなみに 私の考えている しっぽの部分は

からくて 苦いから 好きではないのだ。 


パパはつぶやいた。
「それじゃあ、葉っぱのあるほうと言ってくれれば 
良かったのになー」と。

私も パパにそう言われ 

あたまという言い方をして

悪かったなぁと思った。

別に けんかをしたわけではないから いいのだが、

ともかく 夫婦でも うまく伝わらない 言葉が存在する。


まして 姫猫は 日本語がわからない。

(もしくは私が 姫猫の話を理解できない)

姫猫に対する 私の思いとか 気持ちは

いったい どのように 伝わっているのだろうか・・・

くしゃみが止まったー

23/1017
大あくびの 姫猫ブルー



姫猫のくしゃみが 止まった。


日に日に 少なくなっていたが

完全に止まったようだ。

めでたし めでたし である。



つめとぎ

23/1016

姫猫ブルーが 枕にしているのは 爪とぎである。

姫猫は 爪とぎにも こだわる。

それがこれ 「つめとぎにゃーん」である。

それもやはり女の子

ピンクが好きである。


いろいろと 試してみたが 

これが一番のお気に入りだ。


今日も 姫猫に甘いパパは 

ブルーお気に入りの 

「つめとぎにゃーん」を ネットで注文していた。


ちょうど今 ネット注文が完了したというのを 

メールで確認したらしく 

「確認がとれたー」と 喜んで

私のところに 報告にきてくれた。




甘え上手

23/1014

今、

姫猫ブルーが パパの目の前に来て

「にゃん、にゃん」と 甘えて 鳴いている

パパも喜んで ブルーの頭をなぜてあげている。


本当に 仲の良い二人である。 


私はというと 蚊帳の外のような・・・ 気分である

くしゅん



姫猫ブルーは 今日もまだ くしゅん、くしゅんと

くしゃみをしている。

 
早く良くなってくれると いいのだが・・・。

くしゃみー



姫猫ブルーは 連休中から 

くしゃみを するようになった。

(猫のくしゃみは とてもかわいい。

ちぃっちゃいくしゃみで くしゅん、くしゅん、と している。)


もしかして 風邪かしら?

それとも 花粉? と気になるが

ま‼ 

今回は 鼻水がでていないので

まだ様子見 かな・・・。

フィギュアとガンダム

CIMG0439_convert_20111011165144.jpg
次男のフィギュア
ホコリを取った際に落ちてしまい バラバラになった。
どこにあったかわからないので 頭の上に乗せ
とりあえず カチューシャにしてみた。


CIMG0435_convert_20111011165328.jpg
お気に入りのぶたちゃんと姫猫ブルー

CIMG0422_convert_20111011165241.jpg
反っくり返ってしまった長男のガンダム。


また ほこりを取ろうと 余計なことをした。

はたきで パタパタしただけの つもりが

あれやこれやと はたきにくっついては落ちる。

どうしても 「そこのホコリが気になる」と

思ってやっただけのことである。

息子達は まだ 気がつかないみたいだ。

以前にも 書いたが だいたいこういう時は 姫猫のせいにしてしまった。

「ブルーが飛び乗って 落としたのかなぁ?」なんて。 


だが今回は 姫猫のせいにしないで済んだ。

やれやれ。

あぁあ、ちだらけ




今日も 姫猫ブルーに ブラッシングをした。

そして 私の初デビュー
 
姫猫の毛玉を はさみでちょん切った。


いつも 長男に やってもらうのだが

今回は 私がやってみることにした。


でも こわかった。



姫猫ブルーの 毛玉を切る時に 間違えて

皮膚まで切ってしまっては 大変だからだ‼


ネコの皮膚は やわらかい。 

毛玉を切っているだけのつもりが

気付かないうちに

皮膚まで はさみを入れてしまい 

ネコちゃんを 血だらけにしてしまう 

飼い主の方もいると聞く。

それだけは 絶対に 避けたかったのだ。


まっ、

どうにか こうにか 初デビューは ことなく済んだ 


だぁが、 

代わりに 姫猫ブルーではなく

私が ブルーに 引っ掻かれたうえ 

噛みつかれ

手と腕が 血だらけになってしまったのだ。ぐすん



ネコ語



姫猫ブルーは パパに甘えるために 

わざわざ パパの横に行き 鳴くことが多い。

だが、時々 私のところまで 

とことこと やって来て 鳴くことが ある。


そういう時は 私に何かをしてもらいたいと 

訴える為の サインである。


それが 私には 何を言いたいのか

なにをしてもらいたいのか

なかなかわからないのだ。



まるで クイズである。


これかな と思って してあげても 

「これじゃぁないもーん」と言うように 

プイッと横を向く。


そして 「なんでわからないのよ~」 

と言うように 再度鳴く。


ようするに 私にとって 

ブルーの言葉を 理解するのは 

なかなか難しいのである。

やきもち?

CIMG0417_convert_20111005220509.jpg


姫猫ブルーは いつも甘え上手である。

昨晩も 私の隣で寝ている 

パパの 胸の上で寝転び ご満喫。 

ごろごろと喉を鳴らしていた。


もちろん それを快く思わない私。

パパに 「姫猫は 体重がけっこうあるから 重くないの」と

聞いてみた。

そうしたらパパは 「全然 重くないよ」と言った。


すかさず私 

「じゃあ、今度 私が乗ってあげるね」と冗談で言ってみた。

そしたらパパに 

「それは さすがに 重いでしょう」と言われた。



それを聞いた私は 思わず

気持ちよく寝ている姫猫を 

パパの胸の上から 降ろしてしまった。


<(_ _)>ごめん ブルーちゃん。

けっして やきもちを焼いた わけではないのだが・・・。







段ボールから 手




姫猫ブルーは 人をビックリさせるのが好きだ。

紙の日に 捨てるのを 忘れない様に

玄関前に 置いておいた 段ボール箱の中に

いつのまにか 隠れていた。


そこを 通りがかった私の足に

写真のように 手が「ひゅっ」と 

ものすごい 勢いで でてきた。



「おぉっ‼な・なんだー?」

と 思わず飛び上がってしまった 母である。

もー、心臓に悪いわぁ


あくびをしながら鳴くなんて・・・




さっきから姫猫ブルーは 落ち着きがない。

それもそのはず パパがもうすぐ 帰ってくるのが 

わかったみたいだ。


私はというと パパから 帰るメールがあったから 

わかっていたが・・・。


さて、パパが帰って来た。

うふふ。

今日は私が勝った。

姫猫ブルーよりも早く 

パパの出迎えに 玄関まで行けたのだ。。。 


その後 姫猫は負けた悔しさからか 

いつも以上に パパに甘えまくり 

かわいい声で にゃんにゃんと 鳴いている。


だが、わたしは 知っている。

パパが帰ってくる直前に あくびをしながら 鳴くので

「にゃお~ん」ではなく 「ぐぅわぁおぅ~ん」と 言いながら

鳴いていた 姫猫を‼

ふたりの間




姫猫ブルーは 今日も パパにべったりだ。

なかなか

二人の間に入っていけない 私がいる。

努力




姫猫ブルーは 朝から パパの枕の横に

ちょこんと座り

パパの顔を ちょん、ちょん。

ちょん、ちょん、と 手で 突っついて

起こそうと 努力していた。


でも、昨日 出張先から 夜遅くに 帰ったパパは

疲れていたらしく 

姫猫の努力には まったく 気が付かずに

ぐぅぐぅと 寝ていた。

プロフィール

kipipi

Author:kipipi
50代主婦 猫といつでもごろごろゴロ寝。

癒しの姫猫、ブルーとのふれあい

フリーエリア
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
本を読むなら
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR