FC2ブログ

大晦日

231231

パパが 出張から帰って来たー

パパに頭をなぜてもらう

姫猫ブルーの 至福の時間 である



みなさま 如何おすごしでしょうか?

今日は大晦日

そして

あと

数十分で

はや、2012年に なります

どうぞ 良い年を お迎えくださいませ


スポンサーサイト

鼻づまり

231228

今朝 まだ暗い中

横から 変な音が聞こえた。

ピョォオ~、ぷぅ~、ぴょろろろ~

ん?・・?

なに?

なんの音?????

横には 姫猫が

段ボールに入って 寝ている。

どーも そこから 聞こえてくる・・・ようだ。



な・る・ほ・ど・・・


鼻づまりの 姫猫のいびきだった。

昼寝

231227

気持ちよさそぅに寝ている 姫猫ブルー。

昼間に ぐっすり寝ているので

明け方になると ガタガタ どこどこと

身体を暖めるため?に 走り回っている。 

そして サイレンのごとく

ウーウーと 

うなり声をあげては 

わたしを 起こしに 来てくれる。

(もちろんまだ暗く 起きる時間ではない )


今朝がたは 次男の部屋で

バタバタと

走り回り

「フゥー 、ウー」と叫び声をあげていた。



だが、次男もすごい。

そんな うるさい ところでも

ぐっすりと 夢の中にいる。

寝不足

231226

最近 特に 冷え込みが きつくなってきた。


我が家の姫猫ブルーは 夜中に 

あまりの寒さからか

私の布団に 入りにくる。

しかも、

一人では 入れないので

必ず わたしを 起こす。

それが、

入るときに かるーく爪をたてながら

私の顔を ひっかいて 起こすのだ。 

そこで、

起こされた私は 姫猫を布団に入れる為に

掛け布団を すこし 持ち上げる。

そこへ、 

すかさず姫猫が入り

私の腕を 枕にして 寝る。

だが、

すぐに 暑くなるからか 姫猫は 布団からでていく。

これを、 

夜中に 何度か繰り返す。

よって、

私は いつも 寝不足気味で

目の下にはくまがある。


まぁ、

それ以外にも

夜行性の姫猫である。

以前にも 書いたが

しゃかしゃかと 

クローゼットを 引っ掻いては

起こしてくれる。

しかし、 

姫猫は 家族の一員だ。

どれも これも いたしかたない。









明け方の運動

231225袋に頭ごと入る姫猫ブルー


夜も明ける直前 姫猫が ドタバタと

活発に 動きだした。

も・もしや サンタさん???



思いきや

ただ 

寒かったから 

身体を暖めるために

運動していたみたいだ。




余談 

今日は クリスマス

私は ちょっぴり さみしくて こころに 

北風が ぴゅうぅぅぅ~と 吹いている。


不思議だ

次男も 姫猫もいるのに・・・ね。

やはり

愛しの だんな様がいないと・・・


今晩は

湯たんぽでも よういして

温まろうかしら。。。

クリスマス イブ

231224-02
初めて ペイントしてみたけど 悲しいかな 上手く出来ない 



姫猫は 今日も 寒いからか 寝てばかりいる。




今日は クリスマスイブ 
 
次男君と私と姫猫の三人で少々 いつもより

淋しい クリスマスイブとなりました。

ただ、海外出張中のパパから 

メールが届き

こころは 桃色に染まっています
ヽ(^。^)ノ



ー姫猫ブルーをご覧のみなさまへー

外は 寒いですが 心の中は

あまーい香りのする ほんのりとした

気分で 過ごすことが出来ますよう 

こころから お祈り申し上げます




うたた寝

231223

姫猫が リビングでくつろいでいる?

私のところに来て
 
手を

舐めはじめた。 

思わず ハッ‼とした・・・

やはり

気付かれたようだ。


私が テレビを つけたまま 

床の上で 寝てしまったのを



(テレビをつけたまま

私がうたた寝をしても

だれも 怒るわけでは ないが・・・。


やさしい姫猫のこと 

風邪を引かないようにとの

心遣いを してくれたのかも しれない。。。)

気持ちよさげな 姫猫ブルー

231221231221
先ほど 用事があり 

二階の 次男の部屋に入った。

そこにちょうど 

姫猫が 気持ちよさげに 寝ていた。


その 

姫猫の

姿をみているだけで

幸せな気分に ひたる わたしがいるヽ(^。^)ノ


サンタさん

231220だいたい いつも 同じところで ぬくぬくしている姫猫ブルー

今日のこと 

姫猫がとことこと やって来た。

んー???

なんか いつもと ちがう・・・。


そう 

実は・・・


姫猫の首輪の中に

首だけではなく 右の前足まで 入っていた。


首輪が ゆるくなって いたみたいだ。

姫猫に 窮屈な 思いをさせてしまった。

ごめんブルーちゃん


まっ

ちょうど 

クリスマスがちかいので
 
姫猫に首輪を プレゼントしようかな

余談
クリスマスがちかくなると

いつも 思う。

わたしにも サンタさんが
きてくれないかなぁ~と

今年は 子供の時みたいに

くつしたを 枕元に おいてみようかしら。


姫猫の出迎え(^^♪

231219-02
231219

今日 近くの郵便局まで 出掛けた。

帰ってきたら 「にゃぁーん。」と鳴いて

姫猫が 出迎えてくれた。

いつもは パパが帰ってくると

「にゃん、にゃん。」と 鳴いて

しっぽをふりながら 

全身で喜びを表現する 姫猫だが、


わたしには してくれたことが ない。


だが、

今日は なぜか

わたしに それを してくれた。

母(わたし)は とーっても うれしい。。。


おやじ?

231218-2
231218

今朝 目が覚めたとき

がぁぉっ、ぐぅっ、ぐぅぁぉぅ、という

おやじっぽい いびきが聞こえた。



ちなみに うちのパパ

またまた 出張中で 長期の留守。


姫猫も 寒くなったせいか

パパがいないからか

わたしのところには

寝に来ない。
 
私は 寝ぼけた頭で 必死に考えた


ん、んー???

だれだろー???

んーん???
 
も・もしや???

と 思って 私の横にある

段ボールを のぞいた。

そう 

やはり 姫猫ブルー・・・(-_-;)の

いびき

だった。。。





起こしては 逃げ出す姫猫

231214-1

夜中のこと。

姫猫ブルーは 寒かったせいか

にゃん、にゃんと鳴きながら

わたしを 起こした。
 
そして

用もなく わたしを起こしては 

起きたわたしを 確認すると

すたこらさっさとばかりに 逃げだした。


しばらくすると また、

にゃん、にゃんと 鳴いては わたしを起こし

またまた なぜか 逃げだす


ということを

二度 三度と してくれた。 


おかげで

私は いま とぉーっても ねむい・・・


ぬくぬく

231214-2


今日は さむい

姫猫も ファンヒーターの前で 寝そべり 

ぬくぬくと ながーくなっている。


すやすやと夢の中

231213

今日も 姫猫ブルーは 寝てばかり

気持ちよさそうに

すやすやと 夢の中である。


爪きり

231212

姫猫ブルー恒例の 爪切りが 

昨日あった。

今回は 息子二人と パパの三人がかりで 行った。


長男が姫猫を抱き 

パパが爪を切った。

そこで いやがる姫猫ブルーを 

なだめる為に 

次男が ブルーの好きな 

カニカマを 食べさせながら・・・ と、


それぞれが それぞれの 役割分担を 

勝手に決めながら 姫猫のために がんばった。


姫猫ブルーも 嫌がりながらも

よく がんばってくれた。

エライね、ブルー‼




 

肩の上で

231208
231208

長男の肩の上に 乗って

あたりを みまわす 姫猫ブルー。

ちなみに 長男の身長は180センチなので

姫猫にとっては かなり高い。

すこしだけ 緊張感が うかがえる。。。


火事?

231206

今朝の五時過ぎ

やけに外が騒がしい。

耳を澄ますと 「火事だ。」という声

すかさず 飛び起きた。

みんなを起こし 

確認のため

パジャマに 上着をはおり

靴下もはかずに あわてて 外に出た。

だが、

どこにも火の気配も

煙の臭いもしない。

でも、

近所の人が10人ほど 同じように

パジャマに上着だけで

外に出ている。(私も含め みんな寒くてブルブル震えている)

???と思っているうちに

消防車が来た。

だが、

相も変わらず 火の手は見えない。

そうこうしているうちに

火災は 誤報だという情報がはいった。


ホッとしたと同時に

「こんな朝早くから 人騒がせだなぁ・・」と思った。


まぁ、結果的には 何事もなくて 良かったが
 
本当の火事だったら

姫猫を 逃げない様に かかえつつ

外まで ダッシュ しないと いけない。

忙しさにかまけて

231205

今日は とても忙しくて

パパに 

姫猫ブルーの食事と

飲み水の準備をお願いして 出掛けた。


出掛けてから しばらくたったころ

パパからメールが入った。


「ブルーの食事の補充を

忘れて 会社に来たけど 大丈夫かな?」と。。。


もちろん

一回ぐらい補充しなくても

たくさん入っているから

大丈夫である。


それにしても、

忙しいからと

いつもしていないことを

お願いするのは

酷だったかなぁと 

反省しきりである。






しゃがれ声

231202

姫猫が パパの顔をジィーと見つめて

「にゃん、にゃん」と鳴く

いつもの光景。


だが、

その鳴き声が いつもと違い

かすれている。


この寒さで 姫猫ブルーの

喉が かれてしまったのだろうか?

と思いきや

その後は 普段通りに 戻ってくれた



さむっ

231201

今日はさむい・・・。

だから

姫猫ブルーは ずーと寝ている。

耳をすますと

そう 今も 姫猫のいびきが。。。




プロフィール

kipipi

Author:kipipi
50代主婦 猫といつでもごろごろゴロ寝。

癒しの姫猫、ブルーとのふれあい

フリーエリア
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
本を読むなら
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR