FC2ブログ

夜明けまえ




夜明け前のこと、

我が家の姫猫ブルーは 

急にムクッと 起きだした。


そして

「グゥェー、ゲェー」と 吐きだした。

あぁぁぁ・・・

もちろん、わたしの布団の上。。。

ほっほっほっ なんたること。


わたしは いまだに 腰が痛い。

起きることが出来ずに

隣に寝ている パパにSOS。

前日も 休日出勤をして

疲れているはずの うちのパパ。 

もそっと 起きて

私の 布団を 

きれいに ふきふきしてくれた。

ホッとするわたし。


きれいにしてくれて

ありがとー パパ


それにしても

我が家の姫猫ブルーは

いろいろと 

しでかして くれる・・・のだ。。。

スポンサーサイト



楽しみ方




一日に一個の 楽しみを 

見つける 努力をしている わたし。

なにも 見つからないときは

姫猫ブルーの かおをみる。

おもわず 笑えて

たのしい 気持ちにさせて もらえる。。。








余談

もうすぐ誕生日がくる。

半世紀も生きているのかと思うだけで

自分でも 驚いてしまう。

またまた



と、ある日

パパが 私より先に 起床

「うわぅっ‼」何やら 叫び声

わたし・・・なにやら 

わかった気がする。

そっ。

姫猫ブルーが 朝から

パパのふとんのちかくに

うん〇をコロン。


我が家は あさから 運がいい。。。?





我が家の姫猫ブルー

昼間は寝ている。

昨晩の 私たち

ブルーに なんど 起こされたことか。

扉を 自分で閉めては

「開けて~」と

爪で こするので

黒板ほどでは ないが 

カシャカシャと 嫌な音をたてて 起こしてくれる。



夜はぐっすりと 寝ていたいが

なかなか そうも言ってられない。。。


心臓が どっきどき



うちの姫猫ブルーは

寒くなると 必ずと言っていいほど

わたしと まくらの共有をする。

まくらがとてもせまく感じるが

いたしかたないと 

がまんをする。


だが、ときどき 

姫猫の心臓の鼓動が

私の耳に 鳴りひびく

トック トック トックと。。。



でも、

その音が あまりにも

はやいので

私自身の鼓動と 錯覚し

心臓に異常がでたのかと

動揺

私の心臓も どきどきする。


ひざかけ



我が家の姫猫ブルーは 寒くなってきたので

次男の部屋に敷いてある

長男に買った ひざかけの上で

丸くなって 寝ている。

その姿は 

凶暴とは かけ離れて

かわいく感じる。。。





余談 

ブログのことが いまだに

よくわからない わたし。

トラックバックとは

いったい なんだろうか・・・?

おそろしや~。



たしか、

昨日の姫猫ブルーは

私の中では おりこうさんだった

だが、

今日はちがう

それは、

姫猫ブルーの ブラッシング中に おきた。

気持ちよさそうにしていた

姫猫ブルーが

突如 凶暴化

わたしの腕に 自分の手をからめて

ガジガジと 噛みはじめた。

めっちゃ痛いが

声にもだせないわたし

姫猫ブルーは なぜか 

かなり怒っている。

振りほどこうにも

まるで ダメ。。。
(なにしろ無理やり振りほどいて
ブルーの足が、今以上に悪くなったら
大変だ と心の中でおもう。)


ようやく 振りほどいて

ブルーから 逃げた。

お、おそろしかったぁ。

この性格

ホントに 私に似ているのだろうか?



CIMG0882_convert_20121101175616.jpg  ブルーに噛みつかれたり ひっかかれた右手。 もちろん腕もひどい。 さらに左手にもひどい傷。




プロフィール

kipipi

Author:kipipi
50代主婦 猫といつでもごろごろゴロ寝。

癒しの姫猫、ブルーとのふれあい

フリーエリア
現在の閲覧者数:
フリーエリア
フリーエリア
本を読むなら
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR